洋服お直しの専門家たち
2021年4月9日

1着あると便利なドレスシャツ

男性にとってドレスシャツという言葉は聞きなれない方も多いのではないでしょうか。元々は、ワイシャツと同じ白いシャツを意味しますが、現在では礼装用のシャツという認識が一般的です。生地は白の光沢感のあるブロード織りが多く、ポロシャツのような生地はNGです。襟は定番のレギュラーカラーで、デザインのないものが基本です。

カフスは特段規則はありませんが、肘の方向へ折り返したターンナップカフスだと、より一層フォーマル感があります。ビジネスマンが日常的に着るワイシャツは色付きのものや、ストライプが入っていたり、襟もボタンダウンだったり様々な種類がありますが、ドレスシャツは真っ白でパリッとした素材のイメージです。逆に言うと決まりはないので、真っ白なシャツであれば礼装用に着用することができます。なんでも良いからこそ、1着きちんとしたドレスシャツを持っているかどうかで、大人っぽさを演出できます。

自身の結婚式以外にも、フォーマルな場は意外とあります。友人の結婚式や葬儀等、社会人であればいつでもあり得る場面で、焦らずにキチンとしたドレスシャツがあれば、フォーマルスーツもさまになって見えます。見た目の第一印象は社会人にとってとても重要です。TPOに合わせたふさわしい服装がちゃんとできるかどうかで、それは判断されます。

今までただ白いだけのシャツを着ていたり、普段と同じカラーシャツを着ていた方は、すぐにでも購入された方が得策です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です