洋服お直しの専門家たち
2021年4月12日

スーツと合わせて着こなすドレスシャツ

シャツを選ぶ際に重要なのは、それがドレスシャツなのか、カジュアルシャツなのかという点です。ドレスシャツはジーンズとも組み合わせることができますが、カジュアルシャツの場合はスーツと合わせて着ることができません。基本的に、スーツの下に組み合わせるシャツがドレスシャツで、具体的な特徴は生地と襟にあります。カジュアルシャツが柔らかくてやや厚手な生地が使われる場合が多いのに対して、ドレスシャツは薄手でさらりとした生地が用いられることが多いです。

また、襟の裏側に「カラーキーパー」という透明な芯が入っていることが多い点も特徴的。もちろん、カジュアルシャツとの境界線は非常にあいまいで、このような見分け方では判別がつかないものも多数存在します。厳密に分類を行う場合には、スーツに組み合わせてネクタイを着用することができ、国際的な場を含むフォーマルシーンに使えて、白あるいは薄いブルーなどの色をしたシャツだけが「ドレスシャツ」と言われることがあります。シャツを選ぶ際には、用途を考えて選ぶと失敗しません。

例えば、スーツと合わせてビジネスシーンで使うならば、ネクタイの着用が可能で、手持ちのスーツと組み合わせられる柄や色合いで、できるならボタンダウンではないタイプを選択することがポイント。基本的としては白や淡いブルーをメインにし、一般的な襟であるレギュラーカラーあるいはワイドスプレッドカラー、ホリゾンタルカラーなどのタイプを選ぶと良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です