洋服お直しの専門家たち
2021年4月18日

ドレスシャツの選び方

ドレスシャツは、燕尾服などの正式な礼服の下に着るシャツのことで、日本でいう「ワイシャツ」を言います。また、ドレスシャツは、ネクタイを締めるシャツの総称でその特徴は、生地感と襟にあります。生地は薄手で光沢感のあるものが多く、襟には裏にカラーキーパーと呼ばれる芯が入っているものも多いです。しかし、ドレスシャツとカジュアルシャツの境界線は曖昧で前述の方法では見分けがつかない場合もあります。

したがって、ドレスシャツを選ぶ時は用途に合わせて選びます。例えば、スーツに合わせてビジネスで使うのであれば、ネクタイができ手持ちのスーツに合わせられる色や柄で、できればボタンダウンではないシャツを選ぶなどといったことです。また用途と合わせて大事なのが、自分に合ったサイズ・型・生地を選ぶことです。シャツサイズの基本は、首まわりと裄丈です。

首まわりは、指2本分のゆとりが良いとされ、裄丈はクリーニングや洗濯で縮むことを考え、2~4センチ長めを選ぶのが良いです。次に襟型です。襟はシャツの印象を大きく変えるので、スーツの種類・ネクタイの有無などTPOによって選ぶ必要があります。しかし、フォーマル以外の時にはルールにとらわれず選ぶこともでき、自由に楽しむことができます。

最後に生地は、着心地や見た目・耐久性なども重要で、素材によって形態安定や給水速乾など様々あり、それぞれの違いを知り試してみることがより良い一枚を見つける上では大切です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です