洋服お直しの専門家たち
2021年4月24日

ドレスシャツの選び方

ドレスシャツには種類が様々あり、それぞれが独自の特徴を持っています。ですので、用途にあったドレスシャツを、迷わずに選ぶコツを覚えておきましょう。ビジネスやフォーマルな場面で着るのがドレスシャツになります。衿付きで長袖のシャツ全般を指しますが、その種類は衿(カラー)で分類されます。

基本となるのが、ベーシックな衿型のレギュラーカラーです。ドレスシャツと聞いて、一番に思い浮かべるシャツといえます。衿羽の開き角度は標準的な70度から90度前後で、ビジネスやフォーマルまで場所を選ばずに着ることができます。ワイドスプレッドカラーは別名ウィンザーカラーとも呼ばれ、英国紳士であるウィンザー公の名を冠しています。

他の衿と比べると開き角度が大きく、100度から120度あります。このシャツにはウィンザーノットで結ぶネクタイと相性がよく、エレガントな印象を会う人に与えます。ワイドスプレッドカラーよりも少し開きが少ないのが、セミワイドスプレッドカラーです。別名イングリッシュスプレッドカラーとも呼ばれ、転倒的な英国スタイルを受け継いでいます。

衿羽の開きはレギュラーカラーとワイドスプレッドカラーの中間で、90度前後です。最後にご紹介するのは、ラウンドカラーのドレスシャツです。19世紀の名門校で制服として作られたカラーの形です。特徴となるのは、丸くカットされた衿先でしょう。

着ている人を柔らかな印象に見せ、フォーマルな場面のアクセントにもなります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です